サイトメニュー

カウンセリングを受ける男性

障害年金申請に必要な書類

うつ病で障害年金を申請をする際は、年金事務所に提出する書類を揃える必要があります。必要な書類を確認し、早めに準備をしておくとスムーズに障害年金の申請ができるようになりますよ。

詳しく見る

診察

診断書作成を断られた場合

障害年金の申請には、自分がうつ病であることを証明するために診断書が必要になります。しかし、医師によっては診断書の作成を断られることもあります。もし診断書の作成を断られた時のことを考えて、対処を知っておきましょう。

詳しく見る

看護師

障害年金の更新手続き

うつ病で障害年金の支給が認められても安心してはいけません。なぜなら、障害年金の支給には期限があるからです。障害の状態が重くて、障害年金の支給がまだ必要な場合は更新手続きを忘れないようにしましょう。

詳しく見る

障害年金の制度

病院

うつ病と認められたら障害年金が受給される

うつ病は一度発症すると完治するまでに時間がかかります。そもそもうつ病は何が原因で発症をしてしまうのでしょうか?うつ病は心の病気です。エネルギーがある方であれば気分が落ち込んでいても寝たり、思い切って泣いたりするなど様々な方法で気分を切り替え、立ち直ることができます。しかし、うつ病の方の場合は何をやってもすぐに立ち直ることができず、塞ぎ込んでしまいます。気分がずっと落ち込んでいると食欲がでないだけではなく、夜も眠れなくなります。食欲不振や睡眠不足が続いてしまうと気分が悪くなったり、頭が痛くなったりするなどの体調不良も引き起こしやすくなります。うつ病になる原因ははっきりと分かっていませんが、新しい環境の変化や対人関係によるトラブルなどのストレスが蓄積されて、発症されることが多いです。うつ病を治すには休養やカウンセリングなどを行います。先程説明したようにうつ病は、簡単に治る病気ではありません。心の病気を治すには根気よく治療を続ける必要があります。しかし、うつ病だと働くのは難しいし、定期的に治療を受けることを考えるとお金が心配ですよね。障害年金の制度を利用して手続きを行えば障害年金が受給されますので、安心して治療に専念できます。そのためには日本年金機構の定めている一定の基準を満たしていて、申請書類を提出する必要があります。障害年金が受給できる日は、病気や怪我をして初めて病院で受診をしてもらった日から1年6ヶ月後からです。しかし、障害年金は1つではなく、3つあります。加入した年金制度によって支給される年金も違ってきますので、申請をする前に年金の種類を確認しておきましょう。障害基礎年金の場合ですと、自営業をやっている方、アルバイトで生計立てている方、主婦や学生などが対象になります。国民年金を初診日に加入していたら、障害基礎年金で申請することができます。20歳になる前に病気になった方や生まれた時から病気を持っている方も、障害基礎年金で申請が可能です。障害厚生年金の場合は、社会保険を加入しているアルバイトの方や会社員の方が対象になります。厚生年金を初診日に加入していたら、障害厚生年金で申請をすることができます。共済年金・その他の組合に加入している場合だと、公務員などが対象になります。こちらも初診日に共済年金に加入していたら、障害共済年金で申請をすることができます。ただし、65歳未満で初診日のある月の前々月まで1年間保険料が納付されていなかったり、日本年金機構の定める障害の程度の基準に該当されていなかったりすると障害年金が支給されなくなるので、注意して下さい。障害年金の申請をする際は、日本年金機構が定めている基準も確認しておきましょう。

人気記事

カウンセリングを受ける男性

障害年金申請に必要な書類

うつ病で障害年金を申請をする際は、年金事務所に提出する書類を揃える必要があります。必要な書類を確認し、早めに準備をしておくとスムーズに障害年金の申請ができるようになりますよ。

詳しく見る

診察

診断書作成を断られた場合

障害年金の申請には、自分がうつ病であることを証明するために診断書が必要になります。しかし、医師によっては診断書の作成を断られることもあります。もし診断書の作成を断られた時のことを考えて、対処を知っておきましょう。

詳しく見る

看護師

障害年金の更新手続き

うつ病で障害年金の支給が認められても安心してはいけません。なぜなら、障害年金の支給には期限があるからです。障害の状態が重くて、障害年金の支給がまだ必要な場合は更新手続きを忘れないようにしましょう。

詳しく見る